銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べると

キャッシングを利用されたことがある方は、総量規制という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
総量規制とは、キャッシング利用者の利用限度額を制限する規制のことで、返済能力を超えた借入が行われないために設けられています。

 

 

 

総量規制の具体的な規制内容は、消費者金融など貸金業者を対象として、その利用者の借入額を年収の3分の1までに制限するというものです。
ここでポイントとなるのが、対象となっているのが消費者金融など「貸金業者」に限定されているという点です。

 

 

 

つまり、銀行法により定められている銀行系カードローンはこの総量規制の対象から外れているのです。
そのため、年収の3分の1以上借入を行いたいという方は、消費者金融のカードローンではなく銀行系カードローンの作成を目指すことがベストということになります。

 

 

 

ただし、銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べると審査が厳し目となっていることが多いため、消費者金融カードローンでも審査に落とされるという方にはなかなか難しいというのが現状です。

お金借りるのは慎重に

 お金借りるのは慎重に行うことがなによりです。

 

 昔から借金も財産の内と言われています。

 

その意味は、信用や担保がないとお金借りることができないので、お金借りることができることはそれだけ力があり、信用されている証明ということだったのです。

 

 もちろん、今に通じる点はあります。

 

銀行はもちろん、友人知人もお金借りる人の挙措動作から考え方、それらの裏付けを見て、判断しますので、通じる点があるというわけです。

 

 お金に関して今と昔の大きな違いは、経済的な環境の差です。

 

一番わかりやすいのが、利率と経済の成長率です。

 

 利率は昔の方が高く、ある程度の蓄財があれば預金の利息で生活ができました。

 

今、預金の利息だけで生活しようとしたら莫大な預金が必要です。

 

 そして、経済が毎年成長していました。

 

賃金の上昇率も同じです。

 

 これらの関係からして、お金借りることはそれほどリスクを伴うものではなかったのです。

 

とてつもない年は賃上げ率30%ということもあり、相対的に元金は30%減という感じになっていたわけです。

 

 つまり、こうした時代は、お金借りるなら早くした方が得でした。

 

 

 今は、そうはいきません。
利息はもちろん低い率ですが、経済成長の関係もあり、賃金はほとんど上がりません。

 

だから借りたお金は相対的に減少するというようなことはないのです。

 

 だから、慎重が上にも慎重に考えることがとても大事です。

 

 

 ところが、貸す方は借りて利息を稼ぎたいと思っていますので、手を変え品を変えて貸そうとします。
本当に簡単に借りれます。

 

 

極端を言えば信用も担保もなくて借りることができてしまいます。

 

 さあ注意しましょう。

 

借りる相手にです。
信用できる相手であればよいのですが、獲物を狙うような金融機関があることを忘れてはなりません。

 

一度掴まるととことん吸い上げられる仕組みとなり、蟻地獄さながらになります。

 

 家も土地も財物すべてが召し上げられて、挙句の果ては自己破産への道となります。

 

 

 だから慎重に行うことが大切なのです。

 

 

 

コンビニATMの手数料に注意

消費者金融のカードローンを利用して借入をした場合は当然利息を取られますが、他にもコンビニATMの手数料が思わぬ出費になることから注意が必要です。
実は、消費者金融のカードローンでは2012年まで、コンビニATMの手数料は無料になっていました。

 

従来、金銭の貸し借りにおける手数料は「みなし利息」として金利に含めて計算されていましたが、ATMの利用手数料はみなし利息から除外されていたため、金融機関が一定範囲内で自由に設定できました。
しかしながら、貸金業法の改正によってATM手数料もみなし利息に含まれることになったため、ATM手数料を含めると金利が上限金利を超えてしまうことから、ATM手数料が別途に徴収されることになりました。

 

ところで、コンビニATMの利用手数料は1万円以下で108円、1万円を超えると216円が掛かります。
そのため、コンビニATMから1万円を借り入れて、同じように1万円を返済すると2回の利用手数料として216円が掛かります。

 

ところが、消費者金融カードローンでは1万円を借り入れた場合の金利は18%なので、1ヶ月後(30日後)に返済しても利息は147円にしか過ぎません。
つまり、ATM手数料の方が金利よりも高くなるということです。

 

コンビニATMの手数料のことは常に念頭に置いておくことが肝心です。

 

 

 

銀行カードローンは気になる存在

消費者金融の金利に慣れていると、銀行カードローンの金利がものすごく低く見えます。
隣の芝生は青いというわけではないですが、つい向こうのカードローンを利用してみたいな、なんて考えてしまいますね。

 

直ぐ申し込んで直ぐ借りてというのには、消費者金融の借り入れは丁度いいんですよ。
初めての申し込みだって、審査がその日中に終わってしまうこともざらですし。

 

ぱっと借りられることが、消費者金融のメリットなのだとは思います。
銀行カードローンはそれに比べると審査に時間がかかるのがネックなんですよね。

 

一度申し込んで、二週間たっても音沙汰が無くて、三週間目に審査落ちの通知が来たときに、私と銀行カードローンの縁は切れてしまったような気がします。
それでも低金利と高い限度額が魅力的なことは確かで。

 

もう少し収入が増えるか、消費者金融で借り入れを行った履歴が時効になるかしたら、もう一度審査にチャレンジしてみようかなと考えている所です。
お金が必要なぎりぎりのときに申し込むのでは間に合わない可能性も大きいので、必要になることを予想して事前にですね。

 

カードローンは一度契約してしまえば、よっぽどのことがなければその後も使い続けられると聞いているので、もしものときの備えとして持っておきたいなと思っています。