キャッシングregalosの総量規制

銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べると

キャッシングを利用されたことがある方は、総量規制という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
総量規制とは、キャッシング利用者の利用限度額を制限する規制のことで、返済能力を超えた借入が行われないために設けられています。

 

総量規制の具体的な規制内容は、消費者金融など貸金業者を対象として、その利用者の借入額を年収の3分の1までに制限するというものです。
ここでポイントとなるのが、対象となっているのが消費者金融など「貸金業者」に限定されているという点です。

 

つまり、銀行法により定められている銀行系カードローンはこの総量規制の対象から外れているのです。
そのため、年収の3分の1以上借入を行いたいという方は、消費者金融のカードローンではなく銀行系カードローンの作成を目指すことがベストということになります。

 

ただし、銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べると審査が厳し目となっていることが多いため、消費者金融カードローンでも審査に落とされるという方にはなかなか難しいというのが現状です。